• 〒601-1431 京都市伏見区石田大受町32-2
  • 075-575-1010

検査一覧

胃カメラ検査

胃内視鏡

胃内視鏡検査が苦手な方へ

まきこクリニックでは苦痛の少ない検査を心がけています。苦痛の少ない検査が必要な理由は、患者さんに嫌な思いをさせないためだけではなく、意欲的に内視鏡検査を受けていただく事でがんをより早期に発見するためです。胃カメラは鼻からもしくは口からの選択ができ、眠った状態での検査(鎮静剤の使用)の選択も可能で、患者さんに合わせた検査を提案しております。まずはお気軽にご相談ください。

大腸カメラ検査

大腸内視鏡

女性医師による内視鏡検査

大腸カメラを定期的に受診することで、治癒できる早期の大腸がんや、大腸がんになる手前の大腸ポリープを発見でき、大腸がんを予防することが可能です。大腸がんは年齢とともに罹患患者が増えていきますが、特に40歳をすぎると増加傾向で、40歳を目処に定期的な受診をおすすめします。また、最近は若年層の大腸がんも増加しています。検診で便潜血があった方、出血・貧血・便秘・腹痛などの自覚症状のある方、ご家族が大腸がんにかかりご自身も心配な方などは、年齢に関わらず大腸カメラを受診してください。

ピロリ菌検査

ピロリ菌検査

除菌治療で胃がんを予防

ピロリ菌とは胃の中に生息し、胃炎・胃潰瘍の原因の一つで、胃がんとの関連性も指摘されています。ピロリ菌による炎症でダメージを受けた粘膜の傷が深くなると潰瘍を生じます。こうした胃炎が進行して胃粘膜が萎縮してしまうと胃がんリスクが上昇します。ピロリ菌を除菌すると、炎症や潰瘍の再発しにくくなり、胃がんリスクも低下します。炎症や潰瘍を再発させないために、また胃がん予防のために、当院では除菌治療をおすすめしています。胃カメラや血液検査でピロリ菌の有無を検査し、陽性の場合はお薬の服用でピロリ菌の除去治療を行います。

血液検査

血液検査

病気のリスク発見に

血液を採取してさまざまな異常を調べることで、病気のリスク発見に役立てます。
当院での採血はすべて外注のため、検査結果は翌日以降になります。

腹部超音波検査

腹部超音波検査

必要な部位のみの検査が可能

肝臓や膵臓、腎臓、脾臓、胆のう、膀胱や子宮、前立腺といったお腹の臓器の観察ができます。がん腫瘍の有無はもちろんですが、最近では消化管エコーと言って、以前では見えないとされていた、胃や腸もある程度観察可能になっています。お腹が痛かったりしたときに検査だけで診断がつくことも多く、腹部超音波検査はお腹の診察には必須の検査になりました。

レントゲン検査

レントゲン検査

妊娠中の方はご注意ください

必要に応じて胸部、腹部などのレントゲン撮影を行います。胸部の検査では、主に気管・肺などの呼吸器、心臓などの循環器等に病気があるかどうかを調べます。腹部の検査では、主に食道、胃、小腸、大腸などに関する病気があるかどうかを調べます。