• 〒601-1431 京都市伏見区石田大受町32-2
  • 075-575-1010

よくある質問

内視鏡検査前は絶食ですか?

Q&A

前日21時以降は絶食してください

前日の夕食は21時までに消化の良いものを食べて下さい。アルコール、牛乳、コーヒーは前日の朝よりお控えてください。検査当日朝は絶食でお願いします。水分(水・お茶など)は飲んでも大丈夫です。
※夕方の胃カメラを希望される方は朝は消化の良い朝食を、昼食は絶食でお願いします。
検査1時間後からは飲食が可能となります。

内視鏡検査は予約制ですか?

基本的に予約をお願いします

原則予約制です。緊急を要する場合は受診当日に施行させて頂く場合もございます。

男性医師による内視鏡検査も可能ですか?

男性の内視鏡専門医も在籍しています

院長は女性医師ですが、非常勤の男性の内視鏡専門医も在籍してります。お気軽にお申し出ください。

朝に内服薬があるのですが、検査当日内服しても大丈夫ですか?

Q&A

基本は服用していただいても大丈夫です

検査3時間前までにコップ1杯のお水で服用をお願いします。ただし糖尿病で内服薬・インスリンを使用中の方は、低血糖になるため当日朝は使用をお控えください。判断が難しい場合は処方医、または事前に当院にご相談ください。

検査費用はどのくらいかかりますか?

お気軽にお問い合わせください

3割負担の場合
胃内視鏡検査 約5,000円
大腸内視鏡検査 約6,000円

上記は保険診療(3割負担)、検査のみの費用です。
生検やポリープ切除により費用が異なります。診察代、採血代が別途必要です。

大腸内視鏡の下剤は家で服用してもいいですか?

Q&A

原則として来院後に服用

初めて大腸内視鏡を受けられる方は原則として来院後に服用いただきます。大腸内視鏡の下剤は前日と当日に服用します。前日の下剤はご自宅で服用していただきますが、当日の下剤に関しては、便が透明になるまで内服するので、患者様によって飲む量が異なる場合がございます。便が透明かどうかの判断は看護師が行います。以前にも大腸内視鏡を受診している患者様で、ご自宅での内服希望がある場合は可能ですのでお申し出ください。もちろん当院で内服していただいても大丈夫です。

検査結果は電話や郵送などでも良いですか?

直接お伝えしております

大変申し訳ございませんができません。個人情報の問題もあり、ご本人様に直接画面をお見せしながらお伝えしております。

ピロリ菌の除菌後、胃カメラは必要ですか?

Q&A

検査をお勧めします

1年に1回は検査をお勧めします。ピロリ菌を除菌すると胃がんのリスクは減少しますが、ゼロにはなりません。除菌後の胃からも発がんしてくることがありますので定期的な検査をお願いします。

胃ポリープの検査は毎年必要ですか?

1〜2年に1回の検査をお勧めしております

基本的に胃ポリープはがん化することは稀とされていますが、胃内視鏡検査では咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸まで観察でき、胃以外の臓器から得られる情報が多いので、1〜2年に1回の検査をお勧めしております。

便鮮血が陽性でしたが再検査は必要ですか?

Q&A

大腸内視鏡検査が必要です

便鮮血は1回でも陽性が認められた場合は大腸内視鏡で精査しなければなりません。再度、便鮮血検査をしてもこれは無意味です。

大腸ポリープ切除後、大腸カメラは毎年必要ですか?

切除した翌年は必ず検査を

翌年にポリープが認められなければ2〜3年に1回、定期的な検査をお勧めしております。